衛生看護科歴史

衛生看護科の歴史
昭和43年 3月 第1回生の合格発表
昭和43年 4月 第1回入学式挙行
音楽室兼視聴覚室(現在のコンピュータ室)にて挙行
昭和45年 3月 後館棟、衛生看護科関係の実習室竣工
昭和45年 9月 病院実習の開始
週3回午前中、黒部厚生病院・富山労災病院・滑川農協病院で開始
昭和46年11月 第1回文化祭開催
3学年がそろい、はじめての新樹祭開催
昭和47年 1月 第1回戴帽式挙行
昭和48年 6月 病院実習が集中実習に変更
黒部市民病院と富山労災病院で開始
昭和50年 3月 富山県看護教育振興会設立
昭和50年 5月 昭和50.51年度文部省高等学校教育課程衛生看護科の研究指定校
「看護実習における指導内容の精選と指導方法の改善について」研究
昭和52年 8月 第8回全国高等学校衛生看護科専攻科研究協議会富山県大会で発表
昭和53年 7月 里孫活動の開始
看護科の生徒2名と普通科の生徒1名で開始
昭和55年 8月 体験入学の開始
中学生206名が参加
昭和56年 6月 赤ちゃん訪問の開始
昭和56年 7月 「全国高等学校長協会衛生看護部会第12回北信越ブロック研究協議会」開催
「小児看護実習の効果的な指導法について」研究授業「沐浴」を実施
昭和57年 2月 第1回推薦入学試験の開始
昭和57年 6月 在宅老人訪問の開始
平成 4年 4月 専門科目「看護情報処理」の授業開始
平成 5年11月 第3回全国産業教育フェア富山大会に参加
糖尿病の食事指導や体力測定を実施
平成 7年10月 救命救急法の開始
魚津消防署の消防士より教習
平成10年 5月 保育所実習の開始
魚津市の保育園と黒部市の保育所10箇所で実習
平成12年10月 第11回新樹祭開始
2学年で1つの研究テーマに挑戦
平成14年 3月 卒業式・閉科式

 

PAGETOP
Copyright © 富山県立新川みどり野高等学校 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.